読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

passing

小説や作詞について書きますし、余計なこともたくさん、そして自分の決心について日々思うことなんかも書くかもしれません

「Air」.107

わたしたちはモールの3階でハンドクリームのお店を見つけた。中に入るとたくさん種類があって店内はすごくいい香りに包まれていた。それに普通のハンドクリームと違って、入れ物がおしゃれな缶になっていてとっても可愛らしかったの。

「空斗くん!この匂い好き?」

空斗くんはわたしが差し出したサンプル品の香りをクンクンって嗅いでいる。その姿がわんちゃんみたいでかわいかった。

「柑橘系の匂いだね。いいと思うよ!」

「わたしもこの香りが好きでいつも柑橘系の香りのハンドクリーム使ってるんだ。」

「そうなんだね。だから希はいつも柑橘系のいい香りがするんだ」

「え、気づいてた?」

「うん。いつもすごくいい香りがするなって思っていたよ」ハンドクリームの香りに空斗くんが気づいてるとは思っていなかった。

「そうだったんだね。でも、ここのお店のブランドの物の方がわたしが今使っているものよりいいかも

「ここのハンドクリームはよかったかな?」

「うん!種類も多いしデザインも可愛くて好きだよ!」

「それはなによりだよ。よかったらおれの好きな香りも試してみないかな?」

「空斗くんもハンドクリーム使うの?」

「おれは使わないよ。さっき希が夢中でハンドクリーム見てた時におれもサンプル品の香りをいろいろ比べてたんだ。それでおれが気に入ったのはこれなんだけど、どうかな?」

わたしは空斗くんが出したサンプル品の香りを確認した。

「すごくいい香り…それに香りが優しい感じがする。これなんの香り?」

わたしはいろんな種類のハンドクリームを試したことがあったけど、この香りは今までに経験したことがない香りだった。

「これはフローラルの香りみたい」

「え、フローラルなの?わたしが知っているフローラルの香りと全然違う。」

「そうなの?おれ普通のフローラルの香りを知らないからよくわかんないや」

「……空斗くん本当にハンドクリーム詳しくないの?」

「なんで?」

一瞬不安を感じたの……

でも、きっと違うよね、空斗くんのことを信じよう。

「ううん、やっぱりなんでもない。空斗くんが珍しい素敵な香りのハンドクリームを見つけたからだよ。」

「ビギナーズラックってとこかな?」

「そうかもね。…決めた。わたしこれにするね!」

「柑橘系の香りのハンドクリームじゃなくてよかったの?」

「うん!柑橘系の香りはいつも使ってるから、他の香りの物も使ってみたかったんだ。」

でもね、それもあるけど本当は空斗くんが好きな香りだったからなんだ。

「そっか、それならよかったよ。おれのファインプレーだね!」

「うん、空斗くんのファインプレーだよ! …お会計の前にわたしトイレ行きたくなっちゃったから行ってきてもいいかな?」

「大丈夫だよ。トイレの場所はわかる?」

「えーっと……」

わたしはお店の外に顔を少し出した。そしたらトイレの案内はすぐに見つかった。

「うん!案内出ているから大丈夫だよ!」

「わかったよ。じゃあ、待ってるね」

「行ってくるね。」

ペラペラ

こんばんは。

僕は学生時代英語のテストの成績は正直よかったです。

いきなりですけど笑

センター試験は8割以上は点数取れましたし、有名私大の英語の問題も比較的8割から取れていました。

しかし……

リスニングと英会話がどうも苦手でいつも碌でもない点数取っていました笑笑

本当に酷かったです。

「どうしてこんなに出来ないのかな〜」なんて思いながら毎日悩んでいました。

ですが、今のお仕事は英語のテストが出来ても意味がないお仕事です。

それこそ英会話やリスニングが出来ないと仕事にならない職業です。

しかし、なんか最近よく単語やフレーズがすらすら出てくるなって思っていたら、会社の通訳の職位と英会話のアナウンスメントの職位が与えられました。

まだペーペーですけど、英会話が出来るということで早速ちょっとだけ出世しました。

何が言いたいのかというと、慣れと自慢です笑笑笑

慣れって不思議ですよね。

毎日外国人と話をしていたらいつの間にか英会話が様似なっているんですから。

学生時代あんなにリスニングや英会話が出来なかったのに、今は通訳とアナウンスメントの職位が与えられて1日中外国人と話をしているんですから。

本当に不思議です。

あんなに苦手だったのに。

……つまり、人間なんて環境に左右されてしまい、「どうして?」という大切な部分がいつの間にか過去に置き去りになっているのではないかと思います。

「現在」の積み重ねがそこにあるだけで、未来なんか本当はなくて、積み上げてきた「過去」を前にいつまでも胸を引き締められる。

理性と気持ちとの狭間の川に溺れ続ける生き物こそが人間だと今日感じました。

では、また。

「Air」.106

わたしがそう答えると彼は足を止めた。

「ここだよ。ショッピングモール」

「え、話変わるのが急すぎない?」

「だってさ、やっぱり恥ずかしかったからさ……」

「自分がそう言ったんじゃん!」

わたしは思わず笑ってしまった。

「まあ、そうなんだけどね」

目の前の建物を注視した。でも、ここが本当にショッピングモールなのか不審に思った。外から見ていると何かの展示場のような場所にしか見えない。それにここの前は何度か通っているからこの建物も見たことはあった。

「わたしこの建物知ってる。」

「大きな建物だから目立つし見たことはあるよね」

「うん。でも外から見てる感じだとなんの建物かわからないし中には入ったことなかったな。」

「おれも一緒、最初は何の建物かおれもわからなかったよ。外観のセンスがないんだよね。とりあえず中に入ってみようか」

「うん!」

わたしたちは一緒に正面の自動ドアから中に入った。中に入ってすぐの突き当りを曲がると雰囲気が変わった気がした。通りに入るとイタリアのベネツィアのような造りが見られた。そしてさらに奥に進むと、噴水があった。噴水はローマの休日の舞台になったバルカッチャの噴水のようだったの。

「すごい……」

「びっくりしたでしょ?」

「うん!お台場にこんな場所があるだなんて知らなかった。」

「あの外観じゃこの雰囲気は想像できないもんね」

「確かに。外観と中のギャップがすごくある。…ここ、昨日の汐留に少し雰囲気似てるね。」

「似てるよね。昨日、希が汐留を気にいってくれたから、きっとここも気にいってくれるだろうなって思ったんだ」

「だからわたしが好きな雰囲気だって話してくれたの?」

「そういうこと」

彼は優しい笑顔でそう答えた。……空斗くんすごいな。

わたしの好みをもう理解しちゃってるんだもん。ずるいよ、そんなの。

「ありがとね。昨日、今日とわたし空斗くんに素敵な場所教えてもらっちゃった。」

「そう言ってもらえたなら何よりだよ。もう少し奥に行くとまた違うものがあるんだ」

「わたし見たい!」

「うん、見に行こう」

そう言って足を前に出した瞬間、頭が少しふらっとした感じがした。

なんだろう。ただの一時的なものかな?

わたしの左足が二歩目を踏み出した時には、そのことはもう気にしていなかった。この先になにがあるのか気になっていたし、わたしはすっかりこのモールの雰囲気に心が惹かれていたから。

そして、モールの奥に進むと教会があった。

「とってもおしゃれだね。」

「ここに教会があるだなんてびっくりでしょ?」

「うん!全然想像できなかったもん。」

「そうだよね。…ここも気に入ってくれたかな?」

「うん、お気に入りだよ!教えてくれてありがとう。」

「どういたしまして。もう少し見てる?それともハンドクリーム探してみる?」

「うーん。とりあえずハンドクリーム探しちゃおうかな。」

「わかった。じゃあ、探しに行こっか」

「うん。」

「Air」.105

「なかなかいいの見つからないね」

モールの中を一通り歩いてみたけど、どのお店の物もわたしの好きな感じじゃなかった。でも、空斗くんに探すの付き合ってもらったのに何も買わなかったらやっぱり悪いよね。

「ごめんね、やっぱりさっきのお店のやつにしてくる。わたし買ってくるよ!」

「買わなくていい!」

「え?」

「おれに気を遣ったでしょ」

「いや、そんなことは……」

「あれを気に入ってたなら、その時買ってたでしょ。おれに気は遣わなくていいから、希が本当に気に入った物を買って欲しいな」

「ありがとうね。でも、もうハンドクリーム売ってるようなお店はないし……」

「それなら他のモールに行かない?」

「え、お台場を離れちゃうの?」

「離れないよ。ここの近くにもう一つショッピングモールあるの知ってる?」

「え、知らない……」

「近くにあるんだよ。それにきっと希は気に入ってくれると思うんだよね。そのモールの雰囲気を」

「どういう雰囲気なの?」

「それは…、行ってからのお楽しみで」

「じゃあ、早く行こう!」

「うん」

わたしは空斗くんについていった。

お台場は家族で何度も遊びに来てたから、自分では詳しいと思っていたの。でも、本当に空斗くんはいろんな場所を知ってるんだな。

「ねえ、空斗くん。」

「どうしたの?」

「そのモールってどれくらい近いの?」

「ここを出て5分も歩かないくらいで行けるよ」

「そんな近くなの?」

「そうだよ。まあ、行ってみればわかるよ」

「うん。」

わたしが好きそうな雰囲気のモール。そんな近くにあるのかな?全然思い当たる場所がないや。

「……本当に近くにそんなモールがあるのか不安でしょ?」

「え、そんなことないよ!」

「嘘だな。絶対にそう考えていたでしょ?」

「……うん。でも、空斗くんはなんでわたしの考えていることがわかったの?」

「理由は二つかな」

「二つ?」

「一つ目は、おれも初めてそこに行った時びっくりしたから」

「え、空斗くんびっくりしたの?」

「うん。友達と遊びに来た時に初めて見つけたんだけど、こんなところにこんな場所があるんだって驚いたからさ」

「じゃあ、気付きにくい場所なんだね。」

「普通にお台場を歩いているだけじゃわからないとは思うな」

「そうなんだね。それで二つ目の理由は?」

「希のことが少しだけれども、理解できるようになってきたから。本当にほんの少しだと思うけど、でも少しづつ、確実に」

「空斗くん…ありがとうね。わたし嬉しいよ。でも、わたしも空斗くんのこともっと知りたいな。」

「ありがとね、おれも嬉しいよ。これからもっとお互いのこと知っていけたらいいなって思うよ」

「うん、わたしもそう思うよ。」

「……これからもよろしくね」

「え…そんな、改めてそう言われると恥ずかしいよ。」

「じゃあ、違う話をする?」

「うん。」

「Air」.104

「お話してたらもう着いたね!」

わたしの目の前にはさっきよりも大きく見えるロボットがいた。

「そうだね、中に入ろっか」

「うん!28日は撮影あるから終わった後そのままいいかな?」

「大丈夫だよ。その日は撮影って何時から何時までだったか覚えてる?」

「確か平日の午後からだったからいつも通り1時くらいから6時くらいまでじゃないかな?」

「ありがとうね。寮に帰ったらスケジュール表見直しておくよ」

「わたしも帰ったら見直しておくね。」

「ありがとう。希はどのお店を見たい?何か欲しいもの決まってる感じかな?」

「わたしはいまハンドクリームが欲しいんだ。冬は手がかさかさしちゃうからさ。」

「それならハンドクリーム探そうか」

「でも、空斗くんも見たいものあるでしょ。」

「おれは今必要なものはないから大丈夫だよ」

「じゃあ、空斗くんにもわたしのハンドクリーム一緒に探してもらおうかな。」

「うん。おれでよければ」

彼は少し遠慮しているような表情だった。

「いいに決まってるじゃん!ちゃんと選んでよね。」

「……変なやつ探そう」

「あー!空斗くん、またいじわるする!」

わたしたちは楽しくお話をしながら、いろんなお店に立ち寄りながらハンドクリームを探していたんだ。

悪戯

こんにちは。


Airは希verに加えて、ボーイズサイド、つまり空斗目線をアカデミックにちまちまと書いています。

本当にちまちまと。


しかし、どうもやっぱり希verも気に入らない部分があるので、原本とは別にほんの少しだけアカデミックな希verも書いたりしています。


最近ですけど書き始めたりしました。


最近は空いている時間は語学習得にむけての海外ドラマ見たり、小説かいたり、勉強したりしています。

ただ、それだけです。

……そんな日々なんです。

時間が悪戯に過ぎていくことに怖さを最近は感じています。



では、また。

平凡

こんにちは。


世の中上手くいかないものですよね。
本当に今の僕はそう実感しています。
別に仕事が上手くいってないわけじゃありません。
むしろ出来すぎな程です。

人間って一生かけてもわからないことがあるんだろうなと思います。
僕はずっと考えて、悩み、そして怯えます。
その得体の知れない何かについて。

今は結構お勉強頑張っているつもりです。自分としてはのレベルですがね。
日本語と英語での日常会話はもちろん、多言語の習得も必須な仕事ですので仕方ありませんよね。
だからちまちまとお勉強しています。

いつから仕事に、社会に自分という人間が汚されてきたのだろうかと感じたりもしています。
そんな日々です。


では、また