読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

passing

小説や作詞について書きますし、余計なこともたくさん、そして自分の決心について日々思うことなんかも書くかもしれません

「Air」.118

わたしはペンを走らせる。

『もちろんです。お手数おかけします。それにありがとうございます。』

「うむ」

それからわたしはスタッフさんやキャストさん達一人一人に謝りにいった。みんな優しいから、――「大丈夫だよ」とか、――「無理しないでね」って言ってくれた。

一通りが済むとわたしは後ろを振り返った。さっきまでと変わらない空斗くんがそこにいる。わたしは彼を目指して歩く。そしてわたしのその姿に気付いた空斗くんこっちに向かって走ってきた。

「もう出てきて大丈夫なの?」

わたしはすぐにペンを走らせた。

『うん、目が見えにくくて声もまったくでないんだけど、熱はないから大丈夫。』

「とりあえずよかった…ごめんね。電話出られなくて」

『そんなことないよ!わたしこそ夜中にごめんね。』

「希が苦しんでる時におれはただ寝ていただけなのが悔しくて……」

空斗くん……

『ありがとうね。でも今日はそんなことよりも』

わたしはそのメモ書きを空斗くんに見せると、新しいページを開いてまたペンを走らせた。

『空斗くんお誕生日おめでとう!』

「ありがとうね、嬉しいよ」

空斗くんはそう言ってくれたけど、わたしは自分への不甲斐なさでいっぱいだった。

『ごめんね』

「どうして?」

『空斗くんのお誕生日なのにわたしこんな状態で』

「そんなことないよ。おれは何も不満はないから」

『でも、体がこんなんだからお誕生日プレゼントだって用意できていないの。空斗くんには申し訳ないんだけど今日一緒にプレゼント見てくれない?お金は私が払うから!』

わたしの言葉を見て空斗くんが真剣な顔つきに変わった。

「……プレゼントなんていらないから。それにまだ体調も万全ではないと思うし、今日は無理しなくていいからね。撮影が終わったら家にすぐ帰った方がいいんじゃないかな?」

わたしはその言葉を聞いてショックだった…悲しいよ。

『わたしとっても悲しいよ。空斗くんにそんな風に言われちゃうなんて。わたしだって空斗くんの誕生日を一緒に過ごしたいし、お祝いしてあげたいんだよ!それなのに家に帰っていいだなんて… 病人だからわたしは空斗くんにとって邪魔になっちゃってるのかな?』

わたしは時間をかけてゆっくりと丁寧に言葉を振り絞って書いた。

「ごめんね、言い方がよくなかったね。本当にごめんなさい…おれはただ希が心配だったからなだけなんだ。邪魔だなんて全く思っていないよ。それなら今日は撮影の後の時間を一緒に過ごしてもらってもいいかな?」

『当たり前だよ…』

「ありがとう。ただ、お願いがあるんだけど、夜は空港の中で過ごさない?あまり遠くに出たりして希の体に負担をかけたくないんだ。それにやっぱり誕生日プレゼントもいらない」

『どうしてプレゼントを受け取ってくれないの?やっぱりわたしが用意できていなかったからかな…』

「違うよ!プレゼントなんてどうでもいいんだ。おれは希が傍にいてくれる。それが何よりもの幸せだから。だからもしプレゼントをくれるなら希が元気になってかもらってもいいかな?」

やっと空斗くんの気持ちを理解できて少し安心した。

『私のこと心配してくれてありがとうね。私早く元気になるね!』

「そうだね、おれも希に早く元気になってほしいな。他にもいろいろ話したいことあるんだけど、後はその時に話すね」

『うん、わかった。』

「じゃあ、教官のところに行こうか」

わたしは首を縦に振った。

歩いている最中、空斗くんはわたしの少し斜め前を歩いていた。話したいことってなにかな?正直、その内容の事を考えると不安だったの……

思い出の地

こんばんは。


今日知り合いに言われました。

「昔と比べて、結婚というものを全く意識しなくなったな」って。

そうですね。言われてみればそうかもしれません。

少し昔までは、結婚というものが自分の中でとても大きなもので、ある意味人生の目標であり、ゴールに近かったのかもしれません。


ですが、最近の自分は本気で自分が結婚出来るとは思いません。

一生独身なのじゃないかと本気で思っています。


それに、人を好きになれる自信がありません。

それは僕の忘れられない人を、決して忘れることが出来ないということだと思います。

僕は僕の忘れられない人を忘れ、他の誰かを好きになることを、今の僕は全く想像出来ません。


だからでしょうか、自分の結婚なんて全く考えられません。


女性ばかりの職場ですと、一般的に男性は女性を選べる立場らしく、比較的社内恋愛は多いと思います。


僕は会社では真面目だと言われます、

これだけ女性がいる中で、誰とも遊びに行かず、男同士でしか遊びに行きません。

それに会社の女性の連絡先は必要以上の人は知りませんし、連絡も取っていません。

それに、誰が可愛いとか、会社の男性陣のそういう会話にも混じりません。

一部分に関しては、僕がただただ女性陣から人気がないだけだとは思いますが、僕自身も正直、そこに対して積極的でいたいとも思いません。

でもやっぱりそれは、忘れられないからだと思います。


たとえ忘れられない人と会ったからといって、僕にはどうすることも出来ません。

それでも、もし会えたならきっと僕はこう思うと思います。

「世界で一番可愛い」、「やっぱり好きだ」

ほぼほぼ間違いなく、僕はこう思います。

いや、絶対に。

だからといって、どうしようも出来ないからこそ……なのですが。


僕は魔法でも使えればと思います。

そしたら、どうしようもない現状をどうにかできるのかもしれません。

いや、魔法なんか使えたとしても意味ないかもしれません。

僕は僕自身の手で未来を掴まなければいけないんだと思います。


明日は、今日と言った方がいいでしょうか。

僕は僕の大切な思い出の地に足を運ぼうかなと思っています。

その理由は単純です。

まず、近いからです笑

別に近くに住むつもりなんかありませんでしたが、職務上近くに住むことになってしまいました笑

二つ目にもしかしたら、本当に本土を近いうちに離れてしまうかもしれないからです。

近くにいるなら、今のうちに自分の思い出に浸っていたいと思います。

僕はたった1人で、思い出の地でただただ時間が過ぎるのを待ち、何かを思い考えます。


思い出の地にはとても綺麗な公園があります。

それは忘れられない人に教えてもらいました。

そして素敵なショッピングモールもあります。

僕は今日日曜日、ただただ自分自身一人で、午後か夕方あたりにそこに行き、何かを思い、きっと涙を流してくるんだと思います。

自分がこの上なくカッコ悪く、情けないと思います。

……僕はやっぱり、結婚は出来なそうです。



おやすみなさい

「Air」.117

1228()

吉田さんの車で空港に向かっている時は少しだけ風景が懐かしい気がした。3日空いただけなんだけどね。

現場に入るとわたしはまず右側奥の場所を見た。そこには空斗くんと教官が座っている。空斗くんも今日から冬休みなんだって。彼が撮影の始めからいてくれるのはやっぱり嬉しい。それに空斗くんとも久しぶりのような気がしたの。それはわたしが熱を出して辛かった時も、病院のベッドで寝ていた時も、お家に帰ってきてからも、ずっと会いたかったからだと思う。

でも、その前に監督に会いに行かないと。わたしは反対側に目を向けて歩き始めた。監督も徐々に近づくわたしに気がついた。わたしは軽くお辞儀をして用意してあったメモ書きを監督に見せた。

『私の体調不良で監督や現場の皆さんにご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。』

「吉田君から状況は聞いている。残念だがしょうがない。撮影の順番を変えて進めていくのと脚本を少し変更していく。今日からしばらくは少し出番が減るし、セリフがないシーンのみの撮影になってしまうけれども受け入れてくれるかな?」

風は吹いているのか



こんばんは。


今日はいろいろ思うことがあって、自分に風は吹いているのか、しばらく考えていました。

しばらく考えてみましたけど、やっぱりわかりませんでした。

風は吹いているかもしれないし、止んでいるかもしれません...


しかし、よく考えてみればまだ扉は半分閉ざされているんですよね。

まだ半分残っている……

そう考えれば、0.0000000000000000001%くらいは風が吹いているんじゃないのかと思いました。

かなり低い数字ですね笑


ですが、自分の譲れない気持ちというのはあります。

絶対に譲れないです。

自分の残りの寿命全てをかけたといっても過言ではありませんから。

まあ、僕がかなり長生きすれば話は別だとは思いますが笑


扉はあと半分…… それはもう一度、その扉を開くために残っているんだと僕は思いたいです。


中途半端な状態で終われません。

もう一度、扉の前に戻らないと。

そうしないと、一年近く前の僕がかわいそうですし、今の僕も寂しいです。


とても、とても、とても寂しいです。

友達がいないからじゃないです。一人だからでもないです。

そういうことじゃなくて、寂しいのです。


どんなに困難な状況でも、絶対に気持ちは切ってはいけないと思います。

譲れない想いですから。


おやすみなさい




「Air」.116

1227()

この日も希は前日と同じようにベットで過ごしていた。ベッドの中では台本を覚えたり空斗くんと連絡をこまめに取り合っていた。この日も空斗くんはドラマのお手伝いに行っている時間以外はお返事がいつもの学校の時よりも早かった。ベッドで時間をただ過ごしていた希にとってはそれがすごく嬉しかった。でもね、「どうしよう…」って不安を感じていたの。明日は空斗くんの誕生日。ほんとなら今日プレゼントを探すつもりだったから。「残念だけど明日空斗くんと一緒に見るしかない」いろいろ考えたけれども、結局はそう決めて一日が終わったの。

世界で一番



「花は散りゆく季節はめぐる 涙ひとしずく零れ落ちる

いつか思い出に出来るかな 好きすぎるからもうサヨナラ」

「I don't wanna say」


こんばんは。

これはmiwaさんの「サヨナラ」という曲の一部分を抜粋したものです。

僕はmiwaさんのこの歌詞が特に好きです。


通訳という職位は当たり前ですが、毎日外国語を耳にします。

その中でこの表現いいな、って言葉がたくさんあります。

でも、やっぱり日本人であるからか、日本語の表現にはいつも感銘を受けています。

凄い人は世の中にたくさんいるなと感じます。


私事ですが、絶賛悩みの渦中です。

穏やかな生活のために東京に戻ろうか…… みんなはこちら側を強く僕に勧めてきます。


はたまた、通訳や案内業務を生かして自分のずっとやりたかった仕事のために生まれ故郷を離れるか……僕は自分の気持ちの中ではこちら側が強いです。


現職は立派な職位頂いていて感謝の気持ちもあるのですが、さすがにここでは書けないようなことばかりが起きているので、いられないなというのは感じています。

僕自身に何か害があるわけではないですが、僕の中の正義感が会社側を許せないです。


とまあ、そんなくだらない話はおいておいて。

Mr.Childrenさんも歌っていますね。

「仕事に汚されていて」って。

仕事のことはとりあえず一旦無視しましょう。


最近、僕は思いました。

女性の多い職場ですし、雰囲気的にも、多分僕が何も言わずにただ大人しくしておけば「結婚」自体は出来るのだろうなって。

そんな気持ちは今の僕には全くありませんし、職場に好きな人も気になる人もいません。

僕の気持ちはいつだって、「心ここにあらず」です。


でも、誰かと将来の僕が結婚出来たとした際には(多分出来ませんが笑)、僕は嘘をついて生きていかなければいけません。

「世界で一番可愛い」という言葉は、一人の女性にしか使ったことがありません。いや、後にも先にも、今の自分の現状を考えれば、もう使うことのない言葉でしょう。


僕は過去の作品でこんな一説を書いたことがあります。

「「可愛い」という言葉を作った人は間違いなく予知夢者かその類の何かだ。だって、その言葉は彼女の姿を表現するためだけにあるからだと僕は思っている。だから、今世の中に「可愛い」という言葉が存在していなかったとしても、彼女を初めて見た瞬間の僕が、その言葉を世界に生み出すことが出来た」

たぶんこんな感じでした。アバウトですけれども笑


僕が思う「世界で一番可愛い人」は、まさにこんな一説が世界で一番似合う人だと僕は思っています。

しかし……彼女は自分の可愛さを勘違いしているように僕は思います。凄く可愛いのに、自分の可愛い部分を理解しきれていないように思います。そんな彼女の純粋なところが僕は大好きでした。


僕が彼女の「世界で一番可愛い」部分を知っていると今でも思っています。


不思議ですね。

会えなくなってからしばらくが経ちますが、僕は最後に逢った彼女より、初めて逢った彼女の方が鮮明に覚えています。

もちろん今でもです。とても綺麗だなって今思い出しても感じますね。




おやすみなさい


「Air」.115

それから希はお母さんの車で病院を後にした。家に帰ってきてからは薬を飲んで自分の部屋でゆっくり休んでいた。その間は空斗くんと連絡を取り合ってなるべく詳細に自分の体の状態を文字で説明した。その日の空斗くんは学校のはずなのに返事が早いように希は感じていたの。それから彼は希がいなくてもいつも通りに撮影のお手伝いへと向かった。空斗くんがお手伝いに行ってから希はしばらく寝ていた。目を覚ますと部屋にはお父さんと百合がいた。お父さんも希が心配でこの日だけは早く帰ってきたみたい。百合も学校が終わるとまっすぐ家に帰ってきた。

お母さんは希が寝ている間に吉田さんに電話をかけていてくれた。左目とのど以外は大丈夫とはいえ、大事を取って明日も休みになった。