passing

小説や作詞について書きますし、余計なこともたくさん、そして自分の決心について日々思うことなんかも書くかもしれません

「Air」.172

それからしばらくすると式場に着いた。時間は開始の1時間以上も前だったけれど、数人の人が見られた。そして教官と共に車を降りると人の小柄で可愛らしい女の子がこちらに向かって歩いてきた。

「お久しぶりです教官。今日はわざわざ兄の葬儀に足を運んでいただきありがとうございます」

その言葉を聞いてわかった。この子が玲奈ちゃんだってことを。

「当然だよ。それでこちらは…

「希さんですね」

教官が言いかけた言葉を遮って玲奈ちゃんはそう言った。

「はじめまして。でも、どうしてわたしの名前を知っているんですか?」

「はじめまして。私は空斗の妹の玲奈です。希さんのことは兄から聞いています。テレビで拝見させていただいていたので存じてはいましたが、やっぱり綺麗な人ですね」

「いえ、そんな… でも、わたしも知っています。空斗くんから玲奈さんのことはよく聞いていました。」

「それは嬉しいですね。でも、私のことなんてそんなに話さなくたってよかったのに、お兄ちゃん」

「…あの、玲奈さんやお母様はわたしのこと、嫌いじゃないんですか?」

恐れてはいたけれども、確認せずにはいられなかった。

「…どうしてですか?」

玲奈ちゃんは驚いたような顔をしていた。

「だってわたしは、空斗くんに迷惑ばかりかけていました。傷つけてしまう事もありました。それに…こうしてわたしが空斗くんの傍にいると悪いことばかりが起きてしまって…」

式場についてからは我慢しようって車の中で思っていたのに、もう泣いてしまった。

「それに、こんなことが起きてしまって…わたしが空斗くんを殺してしまったのかもしれないって感じるんです。だからわたしはみんなに嫌われても仕方ないんだって…」

「もうやめなさい。これ以上は私が許さない」

教官が私の両肩を強く掴みながらそう言った。

「そんなことはありません、今回のは事故です。どう考えたって希さんのせいではありません。それに兄は希さんの事を心から愛していましたし、私によく希さんの事を話してくれました。それは私の見たことのないとても幸せな兄の姿でした。だから、私は希さんの事が嫌いじゃありません。むしろ感謝をしています。兄を幸せにしてくれてありがとうございます」

玲奈ちゃんはそう言って深々と頭を下げた。

その光景を見てわたしはただただ驚いていた。

気合いと根性と負けん気



こんばんは。


今日は、というか昨日からなんだか体調が悪いんです。

「うわ〜、仕事行くの辛いな〜」なんて思いながら職場についたら、……すこぶる元気になりました。


そして、仕事を終えて帰路に着くと、また体調が悪くなりました。


……仕事中はアドレナリンが出ているからでしょうか?

それとも、気持ちの問題なのでしょうか?


よく分からないけど、なんだか体調やっぱりよくないです。


今日社内での8月度の残業時間上位が途中発表されたんですけど……まさかの自分が1位でした、、、笑

つまり……社内で1番僕が仕事が出来ないということです笑笑

いや〜、笑いものもいいところですね〜笑

皆さん僕のこと笑っていいですよ。


とまあ、そういうことで、今日は上長達から強制送還されました笑

それはありがたいんですけれども、やっぱり体調がどうしてもよくないんですよね。

体がだるいですし、なんだか汗も止まらないんです。


なんかのバチでも当たったんですかね。

僕のことなら充分にそれも考えられるでしょう。


とにかく今日は勉強時間少なめにして、早く寝ます。


……僕は絶対へばったり、休んだり、少し体調悪いくらいで寝込んだり倒れたりしませんよ。

今までやってきたことの方が断然辛い、って思えることをやり遂げてきた自分があるからです。


そういうことってさ、学生時代の青春時代に由来すると思うんですよ。

僕はバスケットボールの選手としてやってきた根性がそこにはあります。

皆さんはどうですか?

大変なことあっても、歯を食いしばって手足を動かして頑張りましょう!

「倒れたら誰か救急車呼んでくれます」学生時代はそんなこと考えながら、自分では練習していました。自分が指導者になった時は子供たちにそんなこと言わなかったですけどね笑

「Air」.171

「妻は病気だったんだ。妻の命の危険は出会った時から知っていた。でもね、私はあの人にぞっこんだった。親の説得も振り払い、私は結婚をしたんだ」

「……教官は、寂しくなかったんですか?奥さんがなくなってしまったあとは。」

涙はまだ溢れていたえれども、心は少しずつ教官の話に惹かれていた。

「寂しかった、とても寂しかった。でも、妻は生きているうちに私に娘を与えてくれた。 ……女の子というものは似ているね、母親に。娘を見ていると時より思い出すんだ、あの人の仕草を…髪をなぞる姿がそっくりだ」

「娘さんは教官に愛されながら育って、とても幸せだったと思います。」

「しかし、あの子には苦労をかけてしまった。母親がいない中で私も仕事に追われていたから」

「そんなことないと思います!わたしは同じ女性として娘さんの気持ちがわかる気がします。教官は愛情を持って娘さんに接していたんだと思います。だから娘さんは絶対に教官に感謝をしています。」

「そう言ってもらえて嬉しいよ。私は父親としてできる限りのことは精一杯してきたつもりだった。だから娘の結婚式の時、娘は私に感謝の手紙を読んでくれたんだ。とても嬉しかったね」

「やっぱり感謝をしているじゃないですか。」

「そうなのかもしれない。でも、私はなんで娘に愛情を持てたと希ちゃんは思う?」

「それは自分の子供だからじゃないですか?」

「それも間違ってはいない。しかし、大きな理由はそこじゃないんだ」

「教官にとってのその大きな理由はなんなんですか?」

「娘が妻の、私の愛した人の子供だからだよ。彼女は私の愛した人によく似ている。その姿がとても愛しいんだ」

教官の話がよくわかっていなかったけれども、少しだけ言いたいことがわかってきたかもしれない。もしかしたら、教官も空斗くんと似ていて不器用な人なのかもしれない。

「希ちゃん、失ってしまった人はもう帰ってこない。しかしね、空斗が私たち生きている人間に残してくれていったものがある。希ちゃんにとってのそのものを見失ってはいけない。今度はもう決してだ。たとえ希ちゃんがこれからどんな人生を歩もうとだ」

「はい。今度は決して、忘れません。今はまだ辛いですけれども、絶対に空斗くんの…」

ダメだ。やっぱりまた涙が

「私の妻が生前にこんなことを話してくれた」

そう言った教官は一度姿勢を正した。

「私たち人間は生まれてくる前に運命の人とお別れをする。そしてこの世界に生まれた私たちは運命のその人を探す旅に出る。それこそが人生なんだとね。そして人生を終えた私たちは帰るべき場所に帰る。そこでもう一度会えるんだと。だから私は寂しくても頑張らないといけないって当時思ったんだ」

わたしはなんとなくだけど近いものを感じた

「奥さんはもしかして修道院を出てらっしゃるんじゃないですか?」

「よくわかったね。妻は子どもの頃から羽田の近くの修道院学校で学んでいたんだ」

「やっぱりそうでしたか。」

「でも、どうしてわかったんだ?」

「知り合いの方に同じ修道院のシスターさんがいます。その人が同じではないのですが、似ている話をしていたので。」

「そうだったんだね。妻も今私の話した内容は自分がいた修道院の基本中の基本の教えだと言っていたよ」

「基本なんですか?」

「ああ、そうだと言っていたけれどもどうかしたかな?」

「いえ、なんでもありません。」

紗枝さんはわたしに修道院でのことをいろいろ教えてくれたけど、そのこと自体は教えてくれてはいなかったから少し引っかかるところがあった。教官の話を聞いて独特の雰囲気を感じたから気が付いたけれど、そうじゃなかったら気が付かなかった。紗枝さんはどうして基本である今の話をわたしにしてくれなかったんだろう。

幼少期

 

こんばんは。

今日はなんと……13時30分に目を覚ましました(笑)

さすがに起きた直後は目を疑いましたし、驚きました(笑)

 

その後は日頃の溜まった脂肪予備軍を燃焼させ、勉強をし、犬の相手をして、

欲しい参考書のために少し車を走らせてきました。

 

結局なんですけれども、僕の欲しい参考書は売っていませんでした。

少し珍しいものなのでね。

 

なのでおとなしく家に帰ろうと、車を再度走らせました。

何気ない田舎道を車で走っていると、ふと、自分の幼少期を思い出しました。

 

自分が子供の頃は、毎日習い事のために、毎日同じ道を母親の運転で通っていました。

その道を今日、偶然自分の運転で車で走っていることに気が付くと、

なんだか少し涙が零れそうな気分になってきました。

「あれからもう17年も経ったんだ……」

ふと、自分は呟きました。

 

決して金銭的に特別恵まれた幼少期ではなかったけれども、

今思うと、楽しかった幼少期でした。

なんだかんだ言っても、僕のために母親はいちよ毎日、

僕を乗せて習い事に連れて行ってくれていました。

 

やっぱりさ、感謝するってことだけじゃダメな気がするんですよ、僕は。

これからどんな未来が僕の前にやってこようとも、

大切なことだけは絶対に妥協せずに、信念貫いて生きていきたいって今日思いました。

 

言葉ではかっこよく言っておきますけど、そんな単純な話でもなければ、理不尽なことかもしれないし、それに言葉ほどカッコいいものでもないけど、一歩ずつ歩んでいきたいと僕は思います。

 

「Air」.170

1231()

わたしは明け方の3時半には目を覚ました。そしてそれからもう一度眠りに就くことはなかった。その間、気が付いたらお葬式に行く準備は整っていた。でも、いつ自分が喪服を着ていたのかがわからない。…やっぱり認めたくない。

教官に言われた時間よりも早く家を出た。時間はきっと7時よりも前だったのかもしれない。部屋にいると気がくるってしまいそうで、おかしくなってしまいそうで…… でも、教官の車はすでにわたしの家の前の路上に止まっていた。わたしはゆっくりと車に近づき、助手席のドアを開けた。

「おはよう、希ちゃん」

懐かしい声だった。それは、わたしが一番幸せだった日々に毎日聞いていたもう一人の声。

「おはようございます。そしてお久しぶりです。」

「そうだね、久しぶりだったね。でもそんな気がしないよ」

「そうかもしれませんね。」

「とりあえず乗りたまえ」

「はい。」

わたしがシートベルトをするとすぐに車は動き始めた。

「これから所沢まで向かうから少し時間がかかるよ」

「そうですよね、所沢なんですよね。」

「希ちゃんは所沢には行ったことはあるかな?」

「いいえ、ありません。」

「そうか」

その後は無言の空気がしばらく続いた。

「…実はね、私は妻を亡くしているんだ」

沈黙を破ったその言葉にわたしはただ驚いていた。

「私は32歳で結婚をした。当時にしてはかなりの晩婚だよ。でもね、私の妻も32歳だった。彼女は私よりもさらに晩婚だったよ」

教官は表情では少しだけ笑っているようにも見えた。

「亡くなった奥さんとは同い年だったんですか?」

「ああ、そうとも。私たちは同学年だった。昔の私はね、今よりもずっと頑固者だったんだ。でも、妻と出会えて自分自身が変わったような気がしたよ。いや、変わったんじゃないのかもしれない。妻が本当の弱いを許してくれたからこそなのかもしれない」

「素敵な奥さんだったんですね。」

「ああ、そうとも。希ちゃんに負けないくらい可憐で、とても心の温かい人だった」

「きっと、わたしなんかよりも可愛らしくて、とても優しい奥さんだったんだと思います。」

「なぜそう思うのかね?」

「教官の奥さんだからです。空斗くんが心から尊敬した…空斗くんが…

彼の名前を口にした途端、ずっと我慢してきたものが溢れだしてしまった。

「ありがとう、希ちゃん。でも、私の妻は結婚して一年も持たずに亡くなってしまった」

わたしは自分のにいっぱいで教官のその言葉に何も返すことができない。

「Air」.169

1230()

プルプルプル

ケータイの着信音が静かな部屋に鳴り響く。わたしがベッドの上に置いたケータイを手に取ると、そこには懐かしい名前があった。

ご無沙汰しています。」

久しぶりだね、のぞみちゃん」

「はい

返事以上の言葉に詰まった。それは久しぶりだったことよりも、今という現実と、わたしが空斗くんを不幸にしてしまったんじゃないのかという申し訳なさでいっぱいだったから。

「のぞみちゃん。今日は空斗の通夜だったけれども、どうして参加しなかったのかな?」

教官の声は優しさに満ちた響きだった。

わたしは行ってはいけないんです。」

「どういうことか教えてくれるかな?」

「わたし空斗くんになにもしてあげられなかったんです空斗くんはわたしのためにあんなに頑張ってくれていたのに、わたしはなにも出来なかった。ううん、それだけじゃない。空斗くんはわたしと一緒にいて辛いことばかりだったと思う。今回のことだってこうして

途中から涙が溢れてしまって、声がはっきりと出なかった。

「事故はのぞみちゃんのせいじゃない!」

「でもわたしわたしは空斗くんにとって疫病神のような存在でしか

自分が情けなくて情けなくて仕方なかった。

「空斗はのぞみちゃんのことを心から大切に思っていた。のぞみちゃんと一緒にいた時の空斗の表情は私が見たことのない笑顔だった。それなのに疫病神だなんて、あるもんか」

「でも、でもわたしは

「明日の葬儀は10時から始まる。だから7時半には迎えに行くからのぞみちゃんは自分の家の門前で待っていなさい」

でも、わたしに空斗くんのお葬式に参加できる資格はありません!」

初めてその言葉を口にしてしまった空斗くんのお葬式だなんて認めたくなかったから言葉にはしたくなかったのに。

「妻が夫の葬儀に参加する資格がないなんておかしな話だとは思わないかね?」

「え どうしてそのことを教官が知っているんですか?」

「空斗はイギリスからわたしに電話をくれたんだ。日本に帰ってきたらのぞみちゃんと結婚することを話してくれたよ。空斗はとても嬉しそうにそのことを私に話してくれた。私もそれを聞いて本当に嬉しかったよ」

「教官は反対しなかったんですか?考え直すようにアドバイスしたりしなかったんですか?」

「どうして私がそんなことをするんだね?」

「だって、空斗くんは2年ぶりに会ったその日にわたしにプロポーズしたんですよ。わたしは空斗くんに酷いこともしてしまいました… わたしからすれば空斗くんの気持ちはありがたいですけれども、空斗くんにとってはそれでよかったのかどうか

「その話だけを聞けば普通は空斗のようなことをする人はいないだろう。でも、空斗とのぞみちゃんは特別だと思う。恥ずかしい話だが私の考えに根拠はない。それでも特別だって思うんだ。それに人の真剣な好きという気持ちを否定する権利なんか誰にもない。たとえそれが親だとしてもだ」

そう言ってもらえるとわたしも助かります。でも、教官がそんなことを言うなんて思いませんでした。」

「今私が言った言葉の半分はわたしの若かった頃の経験で、半分は空斗の影響かもしれない」

教官はそう言って少し笑った。

「…もしかして教官も若かった頃は空斗くんみたいな感じだったんですか?」

「どうだろうね。比べたことなどないから上手く比較は出来ないけど、でも空斗が学校に入学してきた日と卒業した日、わたしは自分の若かった頃を思い出したよ」

「そうだったんですね。きっと空斗くんは教官の若かった頃に似ていたんだろうなってわたしは思います。」

「のぞみちゃんがそう考えるのならそうなのかもしれないな。だがもう夜も遅いから積もる話はまた明日ゆっくりと話すとしよう。遅くに電話をかけてしまって悪かったね」

「いえ、それは大丈夫なんですが。でもやっぱりわたしは参加していいのかどうか

「何が引っ掛かっているんだね?」

空斗くんのお母様と玲奈ちゃんはきっとわたしのことが憎くて仕方ないはずだと思うと、わたし怖いんです。」

「私は空斗のお母さんと玲奈ちゃんとも何度かお会いしている」

「お母様と玲奈ちゃんはどんな人なんですか?」

「直接会って確かめるといい。どんな人かも人がどう考えているかも」

わかりました。」

「大丈夫だ。何も心配することはない」

「ありがとうございます。」

「じゃあ明日は朝早くに迎えに行くからもう寝るんだよ。おやすみ」

「はい。おやすみなさい。」

「Air」.168

そしてまたしばらくの間、何も考えないようにしながらベッドにうずくまっていた。

プルプルプル♪

静かな部屋に電話の着信音が鳴り響く。

今度は何も考えずにケータイを手に取った。

ケータイの画面には『田中由紀』と表示されていた。

わたしは驚いたけれども、昔と何も変わらない自然な感じで電話に出ていた。

「もしもし。」

「もしもし。希?」

「うん、そうだよ。久しぶりだね由紀。」

「うん。久しぶり。 なんていえばいいのか、言葉を慎重に選ぼうとは思っているんだけれども、もし間違えてしまったらごめんね。

「大丈夫だよ。」

「ありがとうね。……ニュース見たよ。事務所の方も、飛行機事故の方も

「そっか。由紀は両方とも知ってるんだね。でも、当たり前か。あれだけ大きくニュースで取り上げられてれば。」

「……最後に希と会った時、ごめんね。私酷いことしちゃったよね」

「ううん、そんなことないよ。わたしこそごめんね。由紀がわたしに必死に教えてくれようとしたこと、全然気が付けなかった。」

「そう言ってくれてありがとう。でも、あの時は自分のことで精一杯で、希には押し付けるような言い方しか出来なくて、それで凄く必死だったから、やっぱり希のこと傷つけてしまったってあとで物凄く後悔したんだ」

 

(希と由紀の下りもあとで書きます。ごめんなさい)