読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

passing

小説や作詞について書きますし、余計なこともたくさん、そして自分の決心について日々思うことなんかも書くかもしれません

風立ちぬ

 

こんばんは… とは言っても読んでくれている人なんてほとんどいないでしょう。。。

それは何て言ったって半ば無理やり始めさせられた時点で、すでにやる気ないって自分が周りの人達に言っていたからまさか久しぶりに今日更新するだなんて思っていないでしょう… わははははっ

 

今日は一日中DA PUMPさんのif…を聞いていました。

もともとif…は大好きな曲でしたが、今はまさに自分がそのような状態で… 上手く言えないけどとりあえず沢山聞いてました笑

 

小説はとりあえずストップさせています。

作詞を今は頑張って進めています。なんていったって作詞のが時間が限られていますので、でもすべては今のところ順調すぎるくらいで進んでいます。

 

…今日ほど泣いた日はないと思います。

どうしようもできない現実を前に、ただもがくことしか出来ない自分がいます。

こんな状態の中で自分は自分の世界の中で「風立ちぬ」の堀越二郎さんにふと声をかけられた気がしました。

「風は吹いているかい?」って聞かれました。

「はい、風は吹いています。」

「おや、どうして風は吹いているんだい?」

「生きているからです。それに自分の本心の声が聞こえてきます。」

ここから先のやり取りは覚えていません。でも、最後の自分の言葉を聞いた堀越二郎さんは笑っていたような気がします。

意識が飛んでいたのか、ボーっとしていたのか、夢の中であったのかわかりません。

僅かな会話でしたが自分の背中を押してもらえたようなそんな時間でした。

どんな状況であっても自分の強い気持ちは大切にしていきたいってそう感じました。

 

とりあえず今日はこんなもんですね…

それではまた