読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

passing

小説や作詞について書きますし、余計なこともたくさん、そして自分の決心について日々思うことなんかも書くかもしれません

今日の一曲

 

 

こんにちは

友達しか見てないけどウケいいので更新早いです笑

 

 

 

今日は何を書くかというと

これから「今日の一曲」というタイトルで

自分の好きな曲を俺流解説で紹介していきたいと思います笑

そのうち「今日の一冊」という小説verも始めて自分の作ったつまらないものや、他の作者様の大変素晴らしい作品も紹介させて頂きたいと思います。

なんせ電車乗ってる時間が長いので、作詞か小説書いてるかブログ書きます。

どちらをやるかはその時の直感で選ぶのでずっと作詞か小説書いてるかもしれないですし、ブログをずっと書いてるのかもしれません笑

 

記念すべき第1回目に選択した曲は本当に悩みました...

普段なら間違いなくEvery Little Thing様の「fragile」を選んでいたと思いますが、今は自分の気持ちを考えると、心の素直な声を尊重してDA PUMP様の「if...」に決めさせて頂きました。

 

まずは詩を紹介させて頂きます。

 


歌:DA PUMP 作詞:m.c.A・T 作曲:富樫明生

高鳴る鼓動は 夕暮れの
君の姿にシンクする
見せないプライド ささやかな
君の全てにスウィングする

Do you know it? 月の明かりを背負い
絡んできた運命の糸を追う
願い その答えは見えない
じゃまな雲がかくすんだ その先は

もしも君がひとりなら 迷わず飛んでいくさ
(俺の行く末密かに暗示する人Honey!)
もしも誰かといた時は 解けるのかな魔法は
張り裂けそうな胸の痛みは…

せつない思いは 忘れない
出会いの日まで リンクする
来ない夜明けを 待つ俺に
あの日の君がウィンクする

Don't you know it? 夢で逢えればまだいい
「あきらめる…」 と今夜も言い聞かす
愛しい この気持ちは消えない
だから明日も期待するんだ この先を

もしも君じゃなかったら 苦しむこともない
(俺の行く末密かに暗示する人Honey!)
「もしもあの時会わなけりゃ…」 なんて意味ないこと
君しかもう見えないんだから…

(RAP)UP to datebe my Baby!Up to datebe my Baby
均等の愛なんてもうとうにない! 無理に誰かを愛そう
なんて無理無理無理無理
この愛の重さは超ド級 ちょうどよくなんて考えじゃダメージダメージ!
今高鳴る胸冷静に 君に届けよ決心のメッセージ!

もしも君じゃなかったら こんなに愛せない
(俺の行く末密かに暗示する人Honey!)
もしも醒めない夢ならば この運命たぐりよせ
君のもとへ思い届けに…
君しかもう見えないんだから…

 

 

 

本当に大好きな曲です。

今も聴いています。

断固たる決意を持つ強いハートが描かれた詩が凄く好きです。

困難を前にしても崩れない精神的な強さも良いです。

この詩を書かれたm.c.A・T先生の

愛するという言葉や気持ちは軽いものではなくて

本当に真剣で言葉に重みがあるんだと思います。

「女性なんて星の数程いる」みたいな言葉を話す同性が沢山いますが、自分はその言葉には同意できませんね。

自分の気持ちと心が世界で一番愛おしいと感じる女性ただ一人をだけを想う事が自分は素敵な事だと思います。時には怒ってしまう事もあると思います。でも、それは真剣だからですし、心で大切に想う気持ちがちゃんとあれば大丈夫だと自分は思います。

ただ、自分が相手から嫌がられているのであれば、考えを改めるべきだと思います。

その人の幸せを考えれば自分がいない方がいいわけですからね...

 

また(RAP)の部分も大好きです。

RAP自体は自分はあまり好きではないんですが、このRAPで伝えたい事が本当に自分は同意できるからです。

好きという気持ちだけはどんな状況であれ大切にしたいですよね。

平安時代頃なんかでは他に好きな人がいても家結婚を嫌でも受け入れるしかなかったと思います。それでも気持ちだけは大切な人を想い続けていたのであれば自分は美しい事だと思います。どうしようもない状態で家結婚をしていても、好きな人と密会を続けていた2人もいると聞きます。それは浮気や不倫とは違って自分は綺麗なものだと思います。今の時代とは状況が違うわけですからね。そりゃあ、今は結婚していたり責任ある立場にあればダメだと思いますよ笑

 

もののけ姫のアシタカとサンも近い状態じゃないのかなって思います。

宮崎駿監督は後日談として2人は結婚はせずとも、別の世界で生きていながらも頻繁に会っていると説明してくれました。

やっぱり気持ちが1番大切なんじゃないかって自分は思います。

アシタカは許嫁であったカヤから貰った玉の小刀をサンに明け渡しており、それが酷いという話をよく聞きますが、自分はそんなことないと思います。

タタリ神からタタリを受けたアシタカは村を救った英雄となりながらも、悲しい事に周囲から人として認められる事が出来なくなり、村を出ていく事になったんだと思います。実際村を出ていく前には断髪をしているシーンがあると思いますが、当時の時代背景を考えれば自ら断髪をする事は村にはもう二度と帰ってこれない事を意味しているんだと思います。そんなアシタカをカヤはしきたりに左右されず彼女自身の気持ちとしてアシタカを「人間」として認め、玉の小刀を渡したんだと自分は思います。同じくサンも「もののけ姫」として人間でもなく、山犬にもなりきれない存在でしたが、そんなサンをアシタカは「人間」として認め玉の小刀を渡したんだと思います。玉の小刀が恋心故に渡したものなら、自分で直接手渡すべきだと思います。アシタカはそんな男じゃないと自分は思います。実際アシタカはモロに「解き放て 彼女は人間だぞ」と告げています。なので自分にはそういう風に思えます。

 

そういえば昨日女の子達の相談を受けていた時に「タイタニック」の話になりました。「感動出来る映画だけど、タイタニック号が沈む事分かっていて、自分がディカプリオなら船には乗らないよね!笑」って女の子達は話していました。そもそも女の子ばっかりの環境自体が苦手なんだけど、その話だけはより真剣に自分の中で聞いて考えていました。でも自分なら死ぬと分かっていても「乗ります」。タイタニック号が沈む事も、自分が死ぬことも知っていますが、愛おしい人がその船に乗っている事も知っているからです。その船に乗ったから愛おしい人と出会えて愛する喜びも得られるんだと思います。大好きな人を想って人生の最後を迎えられるんですよ、幸せな事じゃないですか。だから今その光景が目の前に広がっていれば必ずタイタニック号に乗ります。22才の若さですが、そんな最後を迎えられば自分は本当に、本当に幸せです。一人息子ですが、親や御先祖様に申し訳ないですが無理して結婚はしたくないです。結婚は心から愛する人じゃなきゃ嫌ですね。タイタニックに乗るにしても1つだけ絶対に果たさなければいけない責任もあると思います。それは愛おしい人を絶対に死なせてはいけない事ですよね。その人の将来をその人の為にも、御家族の為にも何があっても自分の命と引き換えにしてでも守らなくちゃいけないですね。その人の命さえ助かれば自分の命なんて安いもんですよね。大切な人の為に死ぬんです。美しい事だと思います。自分の美学に合致します。人生の最後は大切な人の幸せを願って迎えたいですね。そんな死に方が出来るならおれは絶対にタイタニック号に乗ります。男として命乞いして情けない思いしてまで生きていたくはないですね。

 

 

 

話が大分ズレてしまいましたが今自分が思う事は書けたと思います。

また、夜にでも更新します。

自分なんかのブログを楽しみにして喜んでくれる人がいるので沢山書けます。

人の喜ぶ顔が大好きです。

ではまた