読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

passing

小説や作詞について書きますし、余計なこともたくさん、そして自分の決心について日々思うことなんかも書くかもしれません

「君に届けよ 決心のメッセージ!」



電車の中からこんにちは。

今日も1号車に乗っている自分です。


昨日はかなりブラックな回になったと思います……

読んで下さっている方には大変申し訳なく思っています。


自分自身、昨日の事もあってか疲れで今日はよく寝ていました。


という事で今日は今日の風が吹くと思うので、昨日の事は昨日の事としてしっかりと学んで今日からの日々に活かしていきたいと思います。


そして今の気分はというと…

「もしも君がひとりなら 迷わず飛んでいくさ」

こんな感じですかね?……

友達には、自分がこんな人間だなんて知らなかったし、こんなに脆い姿も初めて見たと言われます。

……そうみたいです。

安定感はある方かと思いますが、大崩れするとダメみたいです。。。



ということで今日の1曲といきましょう。

皆さんご存知の通り、日本レコード界において最高作品と言っても過言ではないのでしょうか?サザンオールスターズさんの「TSUNAMI」です。




作曲:桑田佳祐 
作詞:桑田佳祐


風に戸惑う弱気な僕
通りすがるあの日の幻影
本当は見た目以上
涙もろい過去がある

止めど流る清か水よ
消せど燃ゆる魔性の火よ
あんなに好きな女性に
出逢う夏は二度とない

人は誰も愛求めて 闇に彷徨う運命
そして風まかせ Oh, My destiny
涙枯れるまで

見つめ合うと素直にお喋り出来ない
津波のような侘しさに
I know…怯えてる Hoo
めぐり逢えた瞬間から魔法が解けない
鏡のような夢の中で
思い出はいつの日も雨

夢が終わり目醒める時
深い闇に夜明けが来る
本当は見た目以上
打たれ強い僕がいる

泣き出しそうな空眺めて 波に漂うカモメ
きっと世は情け Oh, Sweet memory
旅立ちを胸に

人は涙見せずに大人になれない
ガラスのような恋だとは
I know…気付いてる Hoo
身も心も愛しい女性しか見えない
張り裂けそうな胸の奥で
悲しみに耐えるのは何故?

見つめ合うと素直にお喋り出来ない
津波のような侘しさに
I know…怯えてる Hoo
めぐり逢えた瞬間から死ぬまで好きと言って
鏡のような夢の中で
微笑をくれたのは誰?

好きなのに泣いたのは何故?
思い出はいつの日も…雨





何度聞いても素敵な曲だなって感じます。


「巡り逢えた瞬間から魔法が解けない」


「身も心も愛しい女性しか見えない」


「巡り逢えた瞬間から死ぬまで好きと言って」

この言葉達は本当に好きです。

なぜ好きなのかって言われると上手く言えないから不思議です。

それと、

「好きなのに泣いたのは何故?

思い出の日はいつも…雨」

の言葉は胸に刺さるものがあります。

自分も、思い出の日はいつも雨です。


自分としてはもちろんなのですが、TSUNAMIを聞くとやっぱり改めて強がるのは良くないなって思います。

……強がってしまう自分ですが笑

理由つけたり、無理矢理辻褄合わせたり、矛盾がどうのだなんて、そんなこと関係ない時があると思います。

本当に滅多にないと思いますが笑

自分の気持ちは大切にしたいですよね。

自分の人生ですもの。

友達や親や誰かなんて関係なくて、自分の人生の決断は自分でしないといけないと思います。

だから、気持ちがあるなら唐突でもバカだなって思っても、無茶だって感じても行動した方がいいですよね。




ということで、今日の一曲part2にいきたいと思います笑

なんだかもう一曲いきたくなりました笑

RIKKIさんの「素敵だね」です。




歌:RIKKI作詞:野島一成作曲:植松伸夫

風が 寄せた 言葉に
泳いだ 心
雲が 運ぶ 明日に
弾んだ 声

月が 揺れる 鏡に
震えた 心
星が 流れ こぼれた
柔らかい 涙

素敵だね
二人手をとり 歩けたなら
行きたいよ
キミの街 家 腕の中

その胸
からだあずけ
宵にまぎれ
夢見る

風は 止まり 言葉は
優しい 幻
雲は 破れ 明日は
遠くの 声

月が にじむ 鏡を
流れた 心
星が 揺れて こぼれた
隠せない 涙

素敵だね
二人手をとり 歩けたなら
行きたいよ
キミの街 家 腕の中

その顔
そっと触れて
朝に溶ける
夢見る





素敵ですね……笑

この曲もどこが好きかって事は上手く言えませんが…


ということでとりあえずこの辺で

では、また