読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

passing

小説や作詞について書きますし、余計なこともたくさん、そして自分の決心について日々思うことなんかも書くかもしれません

疲れたね…(笑)

 

 

こんばんは。

 

 

ただいま風邪気味の作者でございます。。。

少し熱があるのかもしれません…

 

 

昼間に勢いよく「Air」を書いていましたが、体調不良などのためにその勢いは徐々に失われました…(笑)

 

 

今回も質問くれた方々ありがとうございます!

…ということで、、

Here we go!!!!!!…(笑)

 

question.「落ち着いていていてる姿と強気な姿しか見た事ありませんが、人に甘えたりはしないんですか?」

answer.「甘えられる人がそもそもいません(笑)」

 

question.「今年は……の3連覇がかかっていますが、今の気持ちを教えてください」

※「……」は作者のプライベートゆえにカットです!!笑

answer.「今に限らず毎年、毎回思っています。。。有権者様は皆さん目が腐っているんですかね?笑 今回はさすがに「選手」じゃないので今年はないとは思っていますが、イケメン先輩たちがごっそり抜けた今…「もしかしたら…今年もおれが…」くらいは正直思っています(笑)

 

question.「小説書くのは大変ですか?」

answer.「正直大変です(笑) ちなみにウケを狙っているターゲットは普通の高校生と大学生くらいの女性の方です。この辺りの方がおもしろいって言ってもらえないと致命的ですね…(笑) なんだかんだ言ってますけど自分では自分の事を犬みたいな性格だと思っています(笑) 「ご主人」以外には吠えるんです(笑)(笑)」

 

question.「「好き」の意味を教えてください!」

answer.「おれが教えてもらいたいです(笑)」

 

question.「どの作品においても小説の中でのキスシーンってあまりありませんよね? キスは嫌いですか?」

answer.「作者個人はキスは嫌いです(笑) 例外はありますが。。 自分としては小説の中でキスシーンにこだわったのは「あなたを探しに出た森で」だけですね… 自分は日本の恋愛物の小説はお勉強用に携帯小説を昔1冊読んだだけで、他は海外の作品を読んでいます。「古今和歌集」とかカウントしていいなら1冊ではないですけど(笑) でもまあこの辺が評価されて「語学」と「文学」の留学の推薦を昔自分はいただいたことがあるのですが、それはまあ、よいとして(笑) 海外の恋愛小説ってベッドシーンが結構あるんですよ。いや、ふざけてるとかじゃなくて本当に!(笑) このベッドシーンが「綺麗」に書けたとしても回数が多いんで全体としてドロドロしちゃうんですよ… そうするとどうしても読んでる自分はなんだか物語に入りきれなくて… だから、キスが何度も出てきても同じことが起きてしまうと思いますので、自分はそういうシーンは描きません。それに「キス」があるともうすべてが許されてしまう気がするんですよ。「葛藤」、「悩み」、「不安」すべての方向性の角度が変わってしまうと思うので物語としては…って思うところもありますね。

 

 

 

こんなところですかね…

 

寂しさも強く感じるからですかね?…

疲れをなんだか感じます。。。

 

非常に思うことがたくさんあります。

 

恋愛小説を書いていることが自分自身の気持としては仇になっている日々でございます…

こういうところはメンタル弱いです(笑)きっと…

 

 

では、おやすみなさい

いい夢見ろよ!!…(笑)