passing

小説や作詞について書きますし、余計なこともたくさん、そして自分の決心について日々思うことなんかも書くかもしれません

二年前の話と裏社会について

 

 

こんにちは。

最近「苦労話教えてください!」って言われたりしていたので、二年前の話をします。

 

 

二年前の今頃…

ご飯が全然食べれなかったんです。

食欲の話じゃないです。

その頃までは大人たちに自分は「才能」だけを買ってもらっていて、お金をもらったりしていました。

しかし、「そろそろ結果を出せ!」って大人たちに圧力かけられて、親からも「厳しい目に遭っとけ!」って言われて全然お金なくなっちゃったことあるんですよ(笑)

そうなったら、一日2食もしくは1食で雑炊ばかり食べてました(笑)

いや~、さすがにきつかったししんどかったですよ(笑)

全然具も入ってなかったし。

チーズが凄く高級品にあの頃は感じていましたね…

こんな生活が3.4ヶ月続きました…

毎日がきつかったですね…

選手の頃の毎日血を吐くような練習をしていた頃の方が楽だって当時は感じていました(笑)

大人たちにお金がない状況にさせられたんですけど、本当にお金がない環境ってきついですよ…

そしたら自分もさすがに死ぬ気で頑張りました(笑)

夜中も寝ずに頑張りました。

2日寝ないくらいのことなんてしょっちゅうありましたよ。

寝る間を惜しんで努力しました。

寝てないことが偉いって言いたいのではなくて、早く結果を出して美味しいごはんが食べたかったんです。

お金を早く手に入れたかったんです。

それに寝ていられないくらいお腹空いていました(笑)

 

それで、全て完成させるとその結果を大人たちに認めてもらえました。

それから父親に「びっくりドンキー」に連れて行ってもらって、スタンダードなハンバーグのライス大盛りを3人前食べたのを今でもよく覚えています。

あの時のハンバーグ本当に美味しかったな…

それで結果が認めてもらってから、給料が振り込まれた日…

いや~

振り込まれた額を見てびっくりしましたね(笑)

一気に大金持てました(笑)

あの時の気持ちや初心を忘れないために一般的な時給のバイトをしていて、こんな大人にはなりたくないって人たちも見ています。

 

本当にしんどい日々でしたが…

おかげさまでハングリー精神がしごかれました。

そのあたりの生ぬるいやつらとは、「ハングリー精神のものが違う」って今でも自信を持って言えます。

みんなそれぞれに辛い過去があるとは思いますが、おれはご飯食べれなかったんです…

結果出せなきゃ、本当に餓死するかと思いました…

今までの歩んできた人生全てにおいて、普通のやつらとはハングリー精神のみならず、厳しさが違うって思っています。

天狗な発言ですが、「おれの相手になるのはマジでやばい天才たちだけだ」って思っていてうぬぼれています(笑)

天才だろうが友人であろうが、勝負の場にいておれの前に立ちはだかるのなら容赦はしません。

 

でも、同時に学んだことがあります。

結果さえ出せばお金なくてもお金を手に入れられるって… 

結果さえ出せばお金なくても拾ってもらえるって…

 

お金出さなくたって、大学がおれを欲しがります。

お金出さなくたって、世界一の大学がおれを呼んでくれる。

お金出さなくたって、日本が誇る企業がおれを必要としてくれる。

お金出さなくたって、華やかな世界の大人たちが16歳のおれを引き抜いてくれた。

お金出さなくたって、強豪クラブチームがおれを引き抜いて移籍させてくれる。

 

だから、高いお金を親に出してもらっているのに自分の好きなようにやって何も結果出せない人が憎たらしく、親不孝だっておれは思います。

何百万、何千万と親が自分にお金をかけてくれているのに、これといったことは何も成し遂げらていない。自分なら親に申し訳なく、自分自身の恥だと感じます。

・○○大学に入学したよ! 親が高い学費を払ってエスカレーターで入学できたからでしょ? 実力で勝ち取れよって思う。そうすれば学費なんて学校が負担してくれるから。

・留学経験があるよ! 親が高いお金出してくれたからでしょ?親が高いお金出してくれていなかったら、あなたのこと留学先は欲しくなんてきっとないよ。おれは留学先がお金を負担してでも来てほしいって言ってもらえて推薦を受けていたよ。

・海外に何度も行ったよ! 誰のお金で?

 

なんでそんなに親はあなたにお金をかけてくれるのに、あなた自身は親に結果で恩を返してあげようと思えないんだろうって思います。

親は子供がやりたいことしてくれるのが一番だと思いますし、子供が健康で生きていてくれればそれでいいんだってきっと思います。

でも、おれは親に恩返ししたいです。

そんなんじゃ嫌です。申し訳なくて仕方ないです。

自分にもし子供が出来たら、「ご飯が食べれない」なんて辛い思いはしてほしくないです。

愛する奥さんには絶対に不自由なく生きてもらいたい。

お金を持てない経験をしたからこそ、お金の価値が身に染みて感じられます。

だからこそ、大切な人には基本的にご飯の時なんかは自分がお金を出します。

 

親に敷いてもらったレールの上を歩んできたやつらとは、おれはハングリー精神が違う。

結果出さなきゃ、食べるものがないって思いを経験しています。

だから、綺麗ごとだけ言ってるようなやつらにおれは絶対に負けない。

どうこういってくるやつらは、おれより結果出してみろ。

どれだけ綺麗ごと言おうが、結果が出てなくてバックグラウンドがスカスカなやつらに言われたってなんともおれは思わないです。

話聞かないんじゃなくて、話聞く価値がないって思っているんです。

 

…ということが一番苦労した話ですかね。

食べるものもさながら、寝れなくなっちゃって本当にびっくりしましたよ(笑)

眠いって感情を失っていた時期ですからね(笑)

以上が自分なりの苦労話です。

 

 

次にちょっとした裏社会の話をします。

自分がいる世界に限らず、普通のオフィスの世界でも、会社の接待や付き合いとしていやらしいお店に行くことって実は普通にあるんですよ(笑)

なんでおれが知っているのか?って

そういう接待を見てきているからです。

でも、おれはそういうのは嫌なので、いつも先に帰るか外で待っていたりしました。

生理的に嫌なので行きません。

…キス嫌いのおれです。

それ以上の事なんて絶対におれは嫌です。

おれの事を少し詳しめに知っている人ならわかると思います。

おれずっと甘えられるよう人いなかったんです。

いまもいないです。

誰にも甘えられません。

こういう性格だから自業自得だとは思いますが。

そんな自分はお金を払って都合よく体の関係を持つなんてことには興味ないです。。

そんなことどうだっていいから…

ただ…

 

やっぱり言わないでおきます(笑)

会社の打ち上げの男だけの三次会や接待なんかでは、そういうお店によく行きますね。

事務所の人達からもそう聞きますし、自分でも外で待っていてそういう団体をよく見ます。

気になる人は、北海道ならすすきの、都内なら歌舞伎町、名古屋なら堺、大阪なら蛍山町とかで夜に1時間くらい見ていればわかると思います。

どこも同じような光景が見えます。

まあ、1分として同じ場所で立ってはいられないでしょうけど。

 

あとは会社でよく聞く「営業職」についてです。

営業に行って帰ってきた時に、「普段と違うにおいがする」、「不自然な少し強めのいいにおいがする」そんな時は、きっとそういういやらしいお店に寄ってきてますね。

自分の感覚としては、勤務中でも営業職の7.8割は営業の合間見てそういうお店に寄った経験がありますね。

社会人の9割近い人も、勤務外でもそういうお店には行った経験がありますね。

なんでそう言えるのかって?

だっておれ16歳の頃から、いきなり大人たちに社会に出されて知らない業界もあるけど、いろんな業界の人達とパイプを持つためにって外の世界に駆り出されていたのでよくわかります。

印象深いのは、とある不動産会社の大人たちが当時20歳にもなっていない自分に対してすごくぺこぺこしてきたんですよ。

「そんな気にしないでください!」って言ってるのに。

それだけ事務所の影響力は大きかったんですよね…

こういうのって、普通に大きな会社でもありますよ。

どことは言えないですけど。

昼間は誠実装って印象よく働いている人も、営業の時間や夜の歓楽街ではなにしてるのかわかりませんよ。

偽りの誠実に引っかかると大変な思いすると思います。

今まで引っかかったこととかある人は要注意ですね。

浮気アーティストの安っぽい歌詞や音楽見抜けない人も注意ですね。

浮気なんて最低って言っている人に限ってそういうの引っかかりますからね。

みんな浮気をしようと思って浮気しているわけじゃないから話がややこしいんですよね。

自分としては、なんであんな偽善の上辺だけの歌詞や音楽に引っかかるかな?って思いますけど。

きっと自分がいけないんですよね。

みんな心が純粋なんですよね。

自分は嫌なものたくさん見て、心が穢れてしまっていたからそこがわかったんだって思います。

 

こんな世界に夢を見出そうとしている人が自分は信じられないです。

あなたが勤めている会社の上司や同期、営業の人もほとんどはそうですよ。

なんていったって彼らはもともと大学生の頃「ウェーイ」ってやってきていた人間なんですから。

人間の根っこなんかはそう簡単には変わらないし、そういう人じゃなくても平気でそういうお店に行ってたりしますしね。

 

ちなみに「自分は誠実ではない」って自分では思います。

こういう社会の嫌な部分見てきているわけですし…

ただ、そういうお店とか付き合いとか接待は、誠実うんぬんじゃなくて、ただ個人的に嫌いですし、飲み会も自分は嫌いです。

誠実とかじゃなくてただそれだけです。

 

あと知ってましたか?

日本の男女間の賃金格差は約65%です。

他人の給料なんて明細見ないからわからないと思いますが、女性は男性の0.65倍しか平均して給料をもらえません。これは月額ですからね。

役職だって、一番低めの係長ですら女性は男性の0.16倍です。

部長クラスなら0.05倍です。

興味ある人はネットででも調べてみたらどうですか?

どう書いてあるのかはしらないけど。

 

…これが夢見るキラキラした世の中だと思いますか?

知らないうちは輝いて見えると思いますけども…

名ばかりの男女平等社会…

 

おれは会社から給料もらって、文学系統からも副収入を得てこれからお金に困らない生活をしようって考えています。

本当に自分はろくでもない社会だと思います。

自分は、親孝行して自分に家族ができた時は家族にも不自由なく生きてもらって、できるなら友達も、そして本当に恵まれない人たち、世界の貧困に苦しむ子供たちのためにお金持ちになりたいと思います。

 

本当にお金と人間の欲にまみれた汚い社会だと思います。

金のために人が人を自殺まで追い込む社会…

こんな汚い社会で何も考えずに働かされるのは恥だと思います。

しっかり自分の意思で行動して結果を出していきたいですよね。

 

命が一番大切だって自分は思います。

 

では、また