読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

passing

小説や作詞について書きますし、余計なこともたくさん、そして自分の決心について日々思うことなんかも書くかもしれません

作者の性格


こんにちは。


勉強やスポーツにおいて、世間一般的に言われる「努力」と言われるものは、してきたつもりです。

本人としてはそのつもりです。


しかし、文学に関しては……

完全な才能任せなところがある作者です(笑)

その才能のレベルの高低具合は別として、さらに天才かどうかも別として。


周りの人からはよく褒めてもらえます。

いちよ、「なんでも出来るね」って言ってもらえます。

カラオケに一緒に行くと、「歌は下手なんだね(笑)」とは言われますけど。


そして変な人間だとも言われます。

自覚は…最近はあります(笑)

昔はありませんでしたし、今も別に内面的な感覚で自分を変だとは思っていません。

しかし……

結果がものを言っています。苦笑

認めざるをえません(笑)

自分はある特定の分野において、非常に頭が弱く、精神的にも未熟です。

そして……

目が腐ってます(笑)

中学生の頃からそう言われてきましたが、いままでの惨敗な結果から、嫌でも認めざるをえません(笑)

そこに関してはみんなが正しくて、おれが見る目ないです(笑)


でも、そんな作者を慕ってくれる人がいて、認めてくれる人達がいます。(その側面以外で(笑))

彼らに最近、性格診断テストを何個か受けさせられました。

どれも言っていることは同じでした。


作者がどういう人間なのか?

学問的な視点で打ち出された目安があります。

よかったら見てみてください。

それで、作者が変なことやってたり言ってたりしても、心が広い皆さんに理解してもらい、許してください(笑)



f:id:f-10311076:20170105155435p:plain



f:id:f-10311076:20170105155451p:plain


f:id:f-10311076:20170105155538p:plain


f:id:f-10311076:20170105155552p:plain

f:id:f-10311076:20170105155603p:plain

以外でしょ?笑


バスケでも言われます。

「オフェンスのが好きでしょ?」

「オフェンスのが得意でしょ?」とかって。



ちっちっち!

自分として圧倒的にディフェンスのが得意です。

周りには意外だと言われますが、自分としては「まずは守りから」タイプです。


何が言いたいのかというと、結構慎重に考えていますからね!笑


ただ、大胆に思いっきりオープンに行くべきだって思った時は大胆にいくと思います。

そういう人間だって自己分析しています。



悪いところがまるっきり当たっていて笑っちゃいました(笑)

言葉にはしないですけど、「なんで出来ないのかな?」っていつも他人を見ていて正直感じます(笑)


よくないところですよね。。

反省です。



あとは、「直感型」の割合が低かったのが以外だと思います。

……いつも直感で生きてはいませんからね!笑

直感は、直感を感じた時だけです。



同じタイプには、イチロー選手や「ドラえもん」の出木杉くんがいました。

ふははははっ

やったね!笑



では、また