読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

passing

小説や作詞について書きますし、余計なこともたくさん、そして自分の決心について日々思うことなんかも書くかもしれません

音楽



こんにちは。



文字通り今は音楽を聞いています。


今聞いているのはEnyaさんのWild Childです。

2001年に上映された竹野内豊さん主演「冷静と情熱のあいだ」を通してこの曲を知りました。

それ以来Enyaさんは好きですね。



小さな子供の頃、自分は週末いつも1人でした。

だから、よく録画したビデオテープを見ていたのですが、当時から必ず「カウントダウンTV」だけはビデオを止めてオンタイムで見ていました。


今の氷河期と異なり、日本の音楽の黄金期と言われていた時代、自分は幼かったです。

その頃の「カウントダウンTV」は本当に楽しみでしたし、流れてくる音楽を聞いていて心地よかったです。


まだまだ子どもでしたが、当時の音楽は今でもすごく好きです。


曲を変えて今はMr.Childrenさんの「innocent world」を聞いています。

素敵な曲だと思います。



同世代が好きな人気ロックバンドとかダンスミュージックとか、自分はどうも好きになれないんですよね。

言っていることがどうも自分にはよくわからないです。

メロディーも自分の好きなリズムじゃないですね。


本来自分が世代の音楽が好きであれば、聞く曲に困ることにはならないんでしょうが、そうもいかないんですよね。



若いからとか年齢を重ねてるからとか、新しい曲だからとか昔の曲だからとか、関係なくただ自分はその世代の音楽が好きっていう好みの問題だとは思いますが。



最近の歌手の方だと自分はきゃりーぱみゅぱみゅさんが唯一好きですね。



自分と好きな音楽が同じ人って段階的にいうと同段階なところってあると思うんです。


自分より下に見ている相手でも、音楽の趣味一緒だと実は自分も下に見ている同段階なところはあると思うんです。

これは感性だけな話ではないと思います。



音楽って不思議ですね。



では、また。