読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

passing

小説や作詞について書きますし、余計なこともたくさん、そして自分の決心について日々思うことなんかも書くかもしれません

悪夢



おはようございます。



自分は時より怖い夢を見ます。

内容は決まって同じ人が出てきます。


「1番好きだった人とは結婚できない」こんな言葉がありますよね。

自分が見る夢に出てくる人はきっとこの言葉に該当する人です。

どれだけ美人だと他の誰かから言われている女性と比べても、恐らく自分の中の世界で1番可愛いと思い続けている人は変わりません。


大切だからこそ大切にしたい。

でも、大切だからこそ傷つけたくなる。

後者は人間としての悪いと分かっているのに、してしまう不思議な部分だと僕は思います。

夢の中で自分は制裁を受けるんです。

その傷をつけたことに対する制裁を。


夢を見ている間はとても辛くて怖いです。

夢であってほしいとその最中に何度思うことか、反対に会えていることに対して夢であって欲しくないと何百回、何千回、何万回思うことか……


夢を見ると決まって早起きをします。

去年の9月頃から何も変わってない……


いないということがいるということよりも圧倒的な存在感を放つんですから、僕に勝ち目はないです。

これから先もずっと自分はこの制裁を受け続けて生きていきます。

とある作者さんの言葉っぽく言うならこうなると思います。

ディズニーっぽく言うなら、呪いにでもかかった状態です。

命を失ってでも、呪われ続けそうで怖いです。


ディズニー作品は不思議ですよね。

出会って間もない2人が結婚することがあっさりと認められ、なんの違和感もないんですから。

現実は違いますよね。

自分は時間はある程度かけた方がいいと思っています。

心理学的にも気持ちとしても、どんなに短くても2年はあった方がいいんじゃないでしょうかね。

ディズニーはその何分の一でしょうか。

堀越二郎さんは僅か数十日程度でのプロポーズでしたよね。

……不思議ですね。

認められてしまうのだから。

とっても美しいです。


では、また。