passing

小説や作詞について書きますし、余計なこともたくさん、そして自分の決心について日々思うことなんかも書くかもしれません

「思い出」…なんて嫌だ



こんばんは。

今日でゆかりの地を離れることになりました。

そんな中での高速道路での光景でした。


f:id:f-10311076:20170315003820j:plain


f:id:f-10311076:20170315003902j:plain


東京スカイツリーと浅草です。

特にスカイツリーには、というよりもソラマチには特別な思い入れがあります。


偶然にも今日その光景を目にしました。


「思い出をありがとう」…そんなことを僕は絶対に言いません。

「思い出」のために、「今まで」のために、僕は本気になったわけじゃない。

かけがえのなくて大切だったものを守りたくて僕は初めて本気になったんです。

譲れないですよ、やっぱり。


もっとよそみ出来る性格なら幸せだったのかもしれないと思います。

でも、出来ないんですよね。

悪夢ですら受け入れてしまう自分がいます。


頭では分かっていても、僕は平気で駆け落ちするタイプだと思います。

頭で分かっていても、「この人だけは……」、「この人のためなら……」、「この人だけは幸せにしたい」

思ってしまうような性格だと思います。

だからスターウォーズでいうなら、大切な人の命のためなら、僕はジェダイの掟も破りますし、ダークサイドに堕ちますし、ダースベイダーにだってなります。

大切な人のためなら惜しくないです。

あくまで性格のお話ではありますがね。



…自分でもつくづく思いますよ。

本当にバカだなって。


では、また。