passing

小説や作詞について書きますし、余計なこともたくさん、そして自分の決心について日々思うことなんかも書くかもしれません

レベルの差



こんばんは。

久しぶりの1日2つです。



業界的にもですが、嫌という程に「すごい人」は目にしているつもりです。

世の中本当にすごいやつらがいると思います。

「本当にその年齢なの?実際は今の年齢の倍くらい生きてるんじゃないの?」

そう自分は思ってしまいます。


相手のフィールドで戦ったら相手の方が有利に決まっていると思います。

でも、僕はそれでも僕自身が有利な立場でいたいって思っています。


しかし、そうもいかない人間達がいます。

とてもじゃないけど、その分野で敵わない。勝負が出来ない。って感じます。

こればっかりはお手上げです。

潔く敗北を認めるしかないですよね。


でも、じゃあその後どうするか?どうやったら勝負できるのか?自分のペースに持っていけるのか?

しょぼい頭をフルに絞って考えて何かしら策を練らなきゃいけない。僕はいつもそうしています。


ですがやっぱり、すごい人達を目にする度に圧倒はされますよね。

こればっかりは慣れません。

毎回飽きることなく思います。「この人すごい……」って。



では、また。