読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

passing

小説や作詞について書きますし、余計なこともたくさん、そして自分の決心について日々思うことなんかも書くかもしれません

「Air」.97

シャリリーン♪
「空斗くん!お料理とーってもおいしかったね!」
「そうだね、本当にすごく美味しかった!ピザ美味しかったな~」
「あははっ、空斗くんは、ほんとにピザが大好きだね。」
「もちろん」
空斗くんに案内されたお店は広場からほんの少し歩いたところにあるイタリアンのお店だった。テーブルに座って窓の外を見ると、さっき見た素敵な光景が窓越しに眺める事が出来た。お料理はどれも美味しそうだったから、いろんなもの頼んで二人で分けて食べたんだ。
「分けて食べよう。」って言ったのはわたしだけど、緊張しちゃったの。それにね、お会計はまた空斗くんが払ってくれたんだ。わたしは割り勘で全然構わないのに。でも、「希は大切な人だから」って言って払ってくれる彼の気持ちが本当に嬉しかった。
「……まだ時間大丈夫かな?」
「大丈夫だけれども。どうして?」
「近くに綺麗な公園があるんだけど、よかったら行ってみない?」
「うん!行きたいな!」
「よかった。でも行く前にジェラート食べていい?」
ジェラートって?」
「あそこのお店のジェラートだよ」
空斗くんが指さす方向におしゃれなアイス屋さんがあった。
「空斗くんはいつもあのジェラート食べてるの?」
「うん。あそこのジェラートすごく美味しくてさ」
「じゃあ、わたしも食べる!」
「希も?お腹いっぱいじゃないの?大丈夫?」
「わたしも空斗くんの好きなジェラート食べてみたいんだ。」
「……ありがとうね。じゃあ、一緒に食べよっか」
「うん!ジェラートのお店と公園って近いかな?」
「お店の後ろの通りを少し歩いた道路の向こう側だよ」
「外は寒いからジェラートも溶けないと思うし、公園で一緒に食べない?」
「うん、いいよ」
「空斗くん途中で食べちゃダメだからね?」
「……我慢できるかな」
「絶対ダメだからね!」
「わかったよ、行こう」
「うん!」