passing

小説や作詞について書きますし、余計なこともたくさん、そして自分の決心について日々思うことなんかも書くかもしれません

おかげさま。



こんばんは。


おかげさまでというか、なぜだか……

今の仕事で出世が決まりました笑


制服からスーツにお仕事内容と着る物が変わります。

英語話せるだけでこんなにトントン拍子で行くとはとても思いませんでした。



まあ、どうせ辞めてしまう仕事なのでそんなことはどうでもいいとして次のお話です。


明日は横浜に車で行くつもりです。

ちなみに1人でです笑

遊びに行くわけではなくて、取りにいくものがあるので取ってくるだけです。


横浜といえば、一緒に行こうと約束した思い出が僕にはあります。

でも、現実は行けませんでした。

その約束の日はクリスマスでした。

僕は去年のクリスマス、何をしていたのか覚えていません。

たぶん1人でいました。

誰とも会いたくなかったような心情だった気がします。


東京にしても、横浜にしても、僕には少しキラキラしすぎているように感じます。

僕の心には、少し痛いんです。

だから、やっぱり離れたいかもしれない。

今の土地を。

どれだけ時間が経っても、痛いことは痛いし、忘れられないことは忘れられません。


きっと、僕は記憶喪失になって、自分のことも、友人のことも、自分の名前のことでさえ、忘れてしまったとしても、それでも忘れられないことがあります。

たとえ、頭で忘れてしまったとしても、体が忘れるわけありません。


もしかしたら、自分はずっと、自分に正直に、そして他人から笑われながらも自分の想いを大切に生きていけるんじゃないのか、って最近少しだけ考えたりもしています。


もしかしたら口先だけかもしれないって思って、自分で自分を信じられてないところもありましたけど、案外そうじゃないのかもしれない気もします。

だって、1日たりとも、もっと正直に言うなら、半日だって、数時間ですら、僕は忘れたことがないのですから。


では、また。