読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

passing

小説や作詞について書きますし、余計なこともたくさん、そして自分の決心について日々思うことなんかも書くかもしれません

忘れられない人へ


こんばんは。

最近恒例となった「忘れられない」シリーズです。笑

そんな冗談はおいておいて。


今日空いた時間に過去の自分の日記を読み返していました。

「怪我をしないことが一番の才能」って書いてありました。

怪我に泣かされ、怪我に苦しんできた自分らしい言葉だなと思いました笑


ただ、それと同時にとあることも思い出しました。

僕の忘れられない人は、とても体が弱かったです。

いつも熱を出してしまったり、辛い思いをしていました。


僕は彼女が苦しんでいる時間がとても辛かったです。

こんなに素敵な人が苦しむ必要ないといつも思っていました。

変わってあげられるなら、僕が変わってあげたかったです。

それくらい素敵な人でした。

ですから僕は今でも、忘れられないのです。


たとえもう二度と会えることがないとしても、僕は彼女が病魔に苦しむことがあるなら変わってあげたいと本気で思っています。

お礼なんかいらないし、そんな事実があるのか彼女が知らなくても構いません。

それでも僕は今でも、彼女が苦しい思いをするなら変わってあげたいです。


でも、ずっと、毎日忘れていないこともあります。

彼女は僕に話しにくいことを話してくれました。

僕には彼女をそれから救ってあげることは出来ません。

でも、ずっと傍にいて支えてあげたいと本気で思っていました。

……今では、叶わない思いです。


僕は今、僕の忘れられない人が体に気をつけて元気でいてくれれば何よりだと思っています。

それが今の僕の、忘れられない人への唯一の願い、というものでしょうかね。



おやすみなさい