読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

passing

小説や作詞について書きますし、余計なこともたくさん、そして自分の決心について日々思うことなんかも書くかもしれません

風は吹いているのか



こんばんは。


今日はいろいろ思うことがあって、自分に風は吹いているのか、しばらく考えていました。

しばらく考えてみましたけど、やっぱりわかりませんでした。

風は吹いているかもしれないし、止んでいるかもしれません...


しかし、よく考えてみればまだ扉は半分閉ざされているんですよね。

まだ半分残っている……

そう考えれば、0.0000000000000000001%くらいは風が吹いているんじゃないのかと思いました。

かなり低い数字ですね笑


ですが、自分の譲れない気持ちというのはあります。

絶対に譲れないです。

自分の残りの寿命全てをかけたといっても過言ではありませんから。

まあ、僕がかなり長生きすれば話は別だとは思いますが笑


扉はあと半分…… それはもう一度、その扉を開くために残っているんだと僕は思いたいです。


中途半端な状態で終われません。

もう一度、扉の前に戻らないと。

そうしないと、一年近く前の僕がかわいそうですし、今の僕も寂しいです。


とても、とても、とても寂しいです。

友達がいないからじゃないです。一人だからでもないです。

そういうことじゃなくて、寂しいのです。


どんなに困難な状況でも、絶対に気持ちは切ってはいけないと思います。

譲れない想いですから。


おやすみなさい