読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

passing

小説や作詞について書きますし、余計なこともたくさん、そして自分の決心について日々思うことなんかも書くかもしれません

思い出の地

こんばんは。


今日知り合いに言われました。

「昔と比べて、結婚というものを全く意識しなくなったな」って。

そうですね。言われてみればそうかもしれません。

少し昔までは、結婚というものが自分の中でとても大きなもので、ある意味人生の目標であり、ゴールに近かったのかもしれません。


ですが、最近の自分は本気で自分が結婚出来るとは思いません。

一生独身なのじゃないかと本気で思っています。


それに、人を好きになれる自信がありません。

それは僕の忘れられない人を、決して忘れることが出来ないということだと思います。

僕は僕の忘れられない人を忘れ、他の誰かを好きになることを、今の僕は全く想像出来ません。


だからでしょうか、自分の結婚なんて全く考えられません。


女性ばかりの職場ですと、一般的に男性は女性を選べる立場らしく、比較的社内恋愛は多いと思います。


僕は会社では真面目だと言われます、

これだけ女性がいる中で、誰とも遊びに行かず、男同士でしか遊びに行きません。

それに会社の女性の連絡先は必要以上の人は知りませんし、連絡も取っていません。

それに、誰が可愛いとか、会社の男性陣のそういう会話にも混じりません。

一部分に関しては、僕がただただ女性陣から人気がないだけだとは思いますが、僕自身も正直、そこに対して積極的でいたいとも思いません。

でもやっぱりそれは、忘れられないからだと思います。


たとえ忘れられない人と会ったからといって、僕にはどうすることも出来ません。

それでも、もし会えたならきっと僕はこう思うと思います。

「世界で一番可愛い」、「やっぱり好きだ」

ほぼほぼ間違いなく、僕はこう思います。

いや、絶対に。

だからといって、どうしようも出来ないからこそ……なのですが。


僕は魔法でも使えればと思います。

そしたら、どうしようもない現状をどうにかできるのかもしれません。

いや、魔法なんか使えたとしても意味ないかもしれません。

僕は僕自身の手で未来を掴まなければいけないんだと思います。


明日は、今日と言った方がいいでしょうか。

僕は僕の大切な思い出の地に足を運ぼうかなと思っています。

その理由は単純です。

まず、近いからです笑

別に近くに住むつもりなんかありませんでしたが、職務上近くに住むことになってしまいました笑

二つ目にもしかしたら、本当に本土を近いうちに離れてしまうかもしれないからです。

近くにいるなら、今のうちに自分の思い出に浸っていたいと思います。

僕はたった1人で、思い出の地でただただ時間が過ぎるのを待ち、何かを思い考えます。


思い出の地にはとても綺麗な公園があります。

それは忘れられない人に教えてもらいました。

そして素敵なショッピングモールもあります。

僕は今日日曜日、ただただ自分自身一人で、午後か夕方あたりにそこに行き、何かを思い、きっと涙を流してくるんだと思います。

自分がこの上なくカッコ悪く、情けないと思います。

……僕はやっぱり、結婚は出来なそうです。



おやすみなさい