passing

小説や作詞について書きますし、余計なこともたくさん、そして自分の決心について日々思うことなんかも書くかもしれません

今日も……笑

こんばんは。

執筆活動を再開しようかなって思っています。
具体的にいうならAirではなくて「愛した人は」シリーズの方です。
最近は英語の勉強を暇な時間はずっとしていて「書く」方は疎かになっていました。

今日は割と近くに住んでいる友人が遊びにきました。
それで「証券アナリスト」といわれる一次試験を合格したらしく、喜んでいました。
僕も「おめでとう!」と祝福しましたが……実際どれくらいすごいのかよく分かっていません笑笑
友人は高校時代の同級生で僕と違って超優秀でした……苦笑
彼は全国区でも有名な国立大学に進学し、今は大手証券会社勤務です。
とはいってもですね、大学は僕もその大学が優秀なこと知ってますけど、会社に関しては、正直僕はそこの会社知らないです笑
証券だなんて、もう、僕には難し過ぎてわかりません笑
証券会社勤務の皆さん、本当にお疲れ様です!
こういう難しいことをやってくれる人達がいるから日本は経済大国なのかななんて思ったりもします。

……そういえば、今日その友人と話していて思い出しましたが、僕の忘れられない人も証券会社勤務でした。
頑張って活躍してくれているなら何よりですが、僕としてはとにかく体だけは健康で元気にいてくれれば何よりだと思っています。
でもまあ、1つ確実に言えるのは、僕なんかよりはよっぽど優秀で会社に貢献しているんだろうなって思います。
僕なんかもうペーペーのぺー太郎くんの、ダースペーターですからね……つまらないこと言ってごめんなさい笑笑
とにかく僕なんかよりも彼女の方が活躍しているでしょう、間違いなく。

僕はですね、どうせ結婚とか考えられる身ではないので少し冒険してみようと思っています。
「言語」が僕を変えました。
昨日お話しましたが、僕は中学生時代は主要科目+体育はずっと成績オール5で、都道府県テストでは上から20番以内に入ったこともあります。
……はあ、あの頃の真面目に勉強していて優秀だった頃が懐かしい。。
今ではこんなおバカさんになってしまって……中学生の頃の自分、ごめんよ笑
とまあ、あの頃は成績よかったですけど、その中で強いて言うなら、「国語」が1番苦手でした。
当時は「国語」が苦手だったんです。
高校生時代、現代文のセンター試験は満点でしたが、実は中学生の頃はむしろ苦手でした。
人生何があるかわかりませんね。

そして「英語」!
英語は比較的昔から得意でセンター試験は8割5分くらいの得点でした。
間違えたのは主に発音とリスニングです笑
就活時代はいちよ大手航空会社の英語の試験も全て通ったこともあります。しかし、これまたリスニングは惨敗でした笑
……そう!文法や単語を理解していても肝心のリスニングが全然ダメだったんです!
英会話のためにはむしろリスニングだけ出来ていた方がいいくらいですよね。文法とかよりは。
でも、今は通訳やっています。
ホームステイ経験はないですし、語学留学(長期)の経験もありません。
しかし、「文学」の分野で海外の超エリート大学に一瞬飛ばされたことはあります。
訳の分からないまま、何も出来ずに帰国しましたが笑
あとは子供の頃、海外には少しいました。

結局なんですけど、中学生や高校生、それに小学生の頃、僕は苦手だった分野で今はお金をもらっています。
僕がその分野で優秀かどうかは別として、とりあえずお金はもらえています。
……正直、文学面のが今でもお金は通訳より入ってはきます笑
いずれなくなってしまうので期待はもてませんがね。
不思議ですよね。
苦手だった分野が仕事になってしまうのですから。

逆に高校1年生の頃、数学や化学はめちゃくちゃ得意で学年1位取ったこともあります。
しかし、今は全然ダメです笑
数学なんて数ⅢC全く出来ませんでしたし、化学は今となっては元素表と元素番号程度しか覚えていないレベルです笑笑

得意、不得意が逆転して、それが仕事にまでなってしまうんですからね。本当に不思議です。

得意に関していうのであれば、「英語」にしても、「国語」にしても、今では僕にとってはもはや趣味ですね。
勉強しているというよりも趣味に近くなっていますね。
英語は今は特に趣味です。
いちよそれなりの英会話の仕事出来るくらいの資格は持ってますけど、さらに資格をグレードアップさせようと思っています。
一旦グローバルな職場を離れようと思っていますが、将来的にはタイミングが合えば再び帰ってこようと思っています。

ちなみになんですけど、最近はテレビ観るんですよ。
NHKがめちゃくちゃおもしろいんです!
昔はNHKなんて高校野球の甲子園の季節しか観ませんでしたが、今はほぼ毎日観るか録画しておいてますね。
僕の好きなものがやっているので、もうぞっこんです。
そしたらもう民放なんてそれこそ全く観なくなりますね。

今日は何が言いたいのかというと、人生何があるのかわからないということです。
本当に何があるのかわかりませんよね。
僕は何が起きてもいいように出来る限りの予測と準備はしておこうと思っています。自分の意思の上においてですが。

それと、僕は幼少期、言葉を話すのが他の赤ちゃんよりもかなり遅かったみたいです。
そして言葉がかなり下手で会話が成り立たないレベルだったみたいです。
そんな「言語」が僕の人生を大きく変えたのですから、本当に不思議で仕方ありません。
それなりの職と資格はありますが、僕はあくまで「選手」出身の身です。
自らの手で努力していかないと、優秀な人間には本当に敵いませんからね。
同性で本当に心の底から優秀だって思った人は数人いますが、女性でも2人います。
この2人が僕の中ではかなり印象的です。
1人は先輩なんですけど、1人は就活時代に有名な国際的な会社の三時選考のグループディスカッションの時に出会いました。
あの人を見て僕は苦笑いしました。
あまりに優秀過ぎて、自分と住んでる世界が違うと感じました。
僕はその選考を通過して彼女は落ちてしまったみたいですが、僕はお手上げです。
僕の代わりに彼女が次の選考を受けるべきだったと思っています。
出身大学ももちろん超優秀ですが、それ以上に思考回路がすごかったです。
僕の先輩も本当に優秀です。
あの小さな体のどこにあんなエネルギーと多言語話せる知識があるんだろうって思います。
その2人と同性の優秀な友人には逆立ちしても、天と地がひっくり返っても、僕は敵わないです。
彼らの人生に僕の人生は歯が立ちませんね。
「上には上がいる」って痛いほどに痛感させられましたね。

優秀な人を僕はたくさん知っていますけど、彼らというかあの3人に関しては桁が違うし、地球じゃないどこか違う惑星の出身だと個人的には思っています笑


本当に世の中には優秀な人がいますよね。

おやすみなさい