passing

小説や作詞について書きますし、余計なこともたくさん、そして自分の決心について日々思うことなんかも書くかもしれません

会えたらいいね…...

こんばんは。


昨日もお話しましたが、今日は七夕ですね。
残念ながら都会の空からは天の川を見ることは出来ませんでした。
なので、家に帰って田舎の空から眺めてみたいと思います。
今は仕事終わりで電車に乗ったところですが、日付が変わる前には家まで帰れるように思います。


僕は最近思います。
いや、最近だけじゃなくて、以前からです。
彼女をどうやって見つけることが出来たなら、今も一緒にいられたのだろう、と。
どうやって彼女を見つけていたなら、正解なのだろう、と。

会わなければよかったのか?
そんなことは絶対にない。
出会えてればなんでもよかったのか?
半分は正解で、半分はもしかしたら不正解なのかもしれない。
じゃあ、僕の気持ちは不正解なのか?
……違う。
例え中途半端な関係であったとしても、僕は一緒にいたかった。
そしてそのつけがどこかで来て、償わなければいけないのなら、僕は償うことが出来るなら償いきります。

今日、有川浩さんの「植物図鑑」という小説を読み切りました。
映画化された有名な作品ですね。
僕は映画は観てなかったのですが、小説を読んでみて本当におもしろかったですね。

僕は比較的読者が好きです。
小説を読むことって、小説が本当に自分にとって素敵な作品であれば、映画よりも、ドラマよりも、おもしろいように僕は思います。
あくまで個人的な意見ですが。


……眠気がすごいです。
理由は身体的な疲労ではなくて、気疲れです。
昨日も言いましたけど、本当に異性しかいない職場は気持ち的にしんどいです。
僕は同級生の女性達にも敬語を使っています。
理由は優等生ぶってるわけではないです。
自分に言い聞かせるためです。
誰が自分の心の中にいるのか、というとを。
常に自分が理解できるんですよ、自分の本心を。