passing

小説や作詞について書きますし、余計なこともたくさん、そして自分の決心について日々思うことなんかも書くかもしれません

幼少期

 

こんばんは。

今日はなんと……13時30分に目を覚ましました(笑)

さすがに起きた直後は目を疑いましたし、驚きました(笑)

 

その後は日頃の溜まった脂肪予備軍を燃焼させ、勉強をし、犬の相手をして、

欲しい参考書のために少し車を走らせてきました。

 

結局なんですけれども、僕の欲しい参考書は売っていませんでした。

少し珍しいものなのでね。

 

なのでおとなしく家に帰ろうと、車を再度走らせました。

何気ない田舎道を車で走っていると、ふと、自分の幼少期を思い出しました。

 

自分が子供の頃は、毎日習い事のために、毎日同じ道を母親の運転で通っていました。

その道を今日、偶然自分の運転で車で走っていることに気が付くと、

なんだか少し涙が零れそうな気分になってきました。

「あれからもう17年も経ったんだ……」

ふと、自分は呟きました。

 

決して金銭的に特別恵まれた幼少期ではなかったけれども、

今思うと、楽しかった幼少期でした。

なんだかんだ言っても、僕のために母親はいちよ毎日、

僕を乗せて習い事に連れて行ってくれていました。

 

やっぱりさ、感謝するってことだけじゃダメな気がするんですよ、僕は。

これからどんな未来が僕の前にやってこようとも、

大切なことだけは絶対に妥協せずに、信念貫いて生きていきたいって今日思いました。

 

言葉ではかっこよく言っておきますけど、そんな単純な話でもなければ、理不尽なことかもしれないし、それに言葉ほどカッコいいものでもないけど、一歩ずつ歩んでいきたいと僕は思います。